原拓・重刻の価格




 重刻本・翻刻本は、本物の拓本つまり原刻本(原拓)ではない、いわゆる「ニセモノ」ですが、西安碑林博物館で販売されている「公式」な重刻本もあります。これは重刻本の中でも最上位にあたるものでしょう。碑林博物館の近くにある書院門の露店でお土産として売られている翻刻本(レプリカ)とは価値が違います。それでは、@原刻本(原拓)、A碑林博物館の重刻本、Bお土産用のレプリカ、はそれぞれどのくらいの値段で売られているでしょうか。


 顔氏家廟碑を例に比較してみると、、、

@原刻本(原拓)… 近拓であれば10〜20万円程度(5000〜1万元)

旧拓であれば20〜60万円程度(1〜3万元)

A碑林博物館の重刻本・・・1万5,000円(900元)

重刻本とはいえ、碑林博物館の重刻本は結構高値で販売されています。下に画像で紹介しています。

Bお土産用のレプリカ・・・1,200〜6,000円(60〜300元)

書院門の露店では60元程度で売られていますが、外国人観光客向けの土産物店などでは300元前後で販売されていることもあります。





(参考)碑林博物館内で販売されている顔氏家廟碑の剪装本












inserted by FC2 system